2011年05月28日

東北リリーフホームステイ

Tohoku Relief Homestay

東北リリーフホームステイの想い
東京に本部がある「ジーザスライフハウスチャーチ」(Jesus Lifehouse International Church)が運営母体。
東北地方の人々が心身ともに回復することを援助し、被害に遭った若者たちに人生が変わるきっかけをプレゼントし、若者が将来の夢を描くお手伝いをしたいとの想いから設立されました。

東北リリーフホームステイの働き
東北地方での地震、津波、また福島での原発事故により、避難生活を余儀なくされている高校生、大学生へホームステイプログラムを提供します。
このホームステイプログラムで必要となる費用はすべて東北リリーフホームステイが負担します。
交通費、渡航費、スクールプログラム費、ホームステイ費、現地での生活費、旅行保険費のサポートのほか、旅行日程、ビザ取得手配、パスポート取得手配についてもサポートします。

ホームステイプログラム
夏休みを期間を利用した2~6週間のプログラムです。
日本での学校生活に支障が無いように考慮しますので、スケジュールは参加生徒に合わせて柔軟に対応できます。
渡航前の準備として、無料の英語トレーニングを実施します。
24時間体制にて日本人アドバイザー、または日本語を話せるアドバイザーが、生徒の滞在する現地の街でサポートします。

現地での生活
すべての生徒が素晴らしいホストファミリーとともに、かけがえのないホームステイ体験を実現できるように全力を注ぎます。
また、現地の警察と協力し、すべてのホストファミリーの安全性を調査します。

滞在先
ニュージーランド オークランド市(人口130万人)
ニュージーランド ウェリントン市(人口39万人)
オーストラリア シドニー市(人口450万人)
オーストラリア メルボルン市(人口400万人)
オーストラリア パース市(人口170万人)

募集要項
【応募資格】
原則として、東北地方における地震、津波、原発災害で被災された15歳から20歳代前半までの高校生、専門学校生、大学生で以下の被災条件に該当する方。

-震災による半壊、全壊、浸水により、自宅での通常生活が困難になった方
 (被災(罹災)証明必要)

-福島原発危機により、避難せざるを得ない状況の方

-ご家族にご不幸のあった方

【募集人員】
約500名

教会でも橋渡しを行いますのでご相談ください。



切手題材.gif

応募締切の関係で現在は紹介を行っておりません。
(6月9日UP)


posted by 北信カルバリー教会 at 01:31| 震災復興ミニストリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。